2015年12月27日

新規マンション購入の道のり

「新規マンション購入の道のり」 は、今からちょうど5年くらい前に新規でマンションを購入した物語です。

結婚を前提に付き合っている2人が結婚前に新規マンション購入を検討して、購入を決断したのは1ヶ月もありませんでした。
その道のりを綴っています。

マンション 角部屋 リビングの採光

人の人生の分岐点になる話はとても面白いものです。
当時、リアルタイムに書いていた日記等を再構築してブログ用に書きなおしたので、全20回になりました。

新規マンション購入を検討されている方の参考になれば幸いです。
記事は下記リンクからどうぞ。

新築マンション購入の道のり 


P.S.

ちなみに、現在も同じマンションに住んでいます。
無事結婚して、この場所で家族も二人増えました。

2013年01月27日

20. 新築マンション購入の道のり 大団円 〜 嵐の中で


新築マンション購入 本契約当日

この日は、桃花と待ち合わせをしていた。
本契約は2人で一緒にすることに決めていたからだ。
しかし、この日に限って何故かここ数日の陽気が嘘のように大嵐だった。
台風が本州に上陸してきたのだ。

夢は待ち合わせ場所に到着した。
ここはサーパスからほど近いスーパーの駐車場。
すると、先に待っていた桃花が車に乗ってきた。

500万円は紙袋にいれておいたままだった。
自分でも一度には見たことがない金額だが、綺麗にそろえてしまうと札束の厚さは大した量ではなかった。
アタッシュケースにいっぱい入っている札束って一体いくらになるのだろうか?
桃花がその紙袋の存在に気付く。

500万円

お金がある場所には鼻が利くらしい。

桃花
「外はすごい風だね。
せっかくのお金が飛ばされるんじゃない。
じゃあ、この500万円が入った袋は私が…。」

これは丁寧にお断りした。

外では、強風が吹いておりこれからの前途を表しているかのようで一瞬不安になった。
しかし、私の燃える心はこの嵐をも吹き飛ばすいきおいだった。
マンションのモデルルーム兼、契約場所に2人で到着する。

開口一番、夢はいきまいた。


「Sさん、このマンションの角部屋を買わせていただきます。
前回の条件で結構です。
ちなみに頭金は500万から1,500万円に変更します。」

そして、ついにマンションを購入するために契約書に実印を押した。

サーパスマンション購入のために実印を押す瞬間!

自分の中での霧が晴れた。
お金という呪縛からの解放。
これで15年間貯めてきた貯金は消えた。

Sさん
「何か凄い変更ですね。」

さすがのSさんも目を丸くしていた。
実は、自分の目も桃花の目も丸くなっていた。
いや、あまりのことに三角にも四角にもなっていたかもしれない。

Sさん
「契約書をいくつか変更しないといけませんが、良く決断されましたね。
これが、双方にとって良い買い物だったと思えれば良かったものと思います。」

頭金が変更になったので、契約書も書き直す必要があったが、後日、訂正書類をお送りするということでこの件はかたが付いた。

そういえば、1,500万円のことは桃花にも言っていなかった。
お金があると、全て使ってしまいそうだったので、先に使ってしまおうと考えたのも事実だった。
これで、心が離れるならそれまでの関係なのだろう。


後日…

桃花
「友達に夢さんの写真みせたら、決断力があって優しそうな人だねって言ってたよ。
あとねぇ、私の親にも引き渡し前のあの部屋を見せたんだけど、羨ましがってたよ。」

……



不意に、涙がたくさんでた。

優しいか…。
褒め言葉として受け取っておこう。
でも、実はそれほどでもない。
自分のエゴを押し通したところがある。

しかし、気に入った物件というのはそう何度も出会えるものではない。

結婚して家を持つ。
これからの人生。
第2の人生の始まりに何もない白い箱を用意する。
これは、自分の長年の夢だったからすぐ決断した。

その箱がマンションになるとは思いもしなかったが、それほどの魅力がこのサーパスマンションにはあったということだろう。


P.S.

お金も含めていろいろな意味で本当の白い箱になってしまいましたが、今日はマンションの鍵引渡しの日。
事実上のXデー。

新バルコニー

実際にマンション購入を検討したのは、1か月程度の短い期間でしたが本当に密度の濃い時間でした。
これから、楽しいマンション生活が続くかどうかはまた別のお話で。




マンション購入 (Amazon.co.jp)

2013年01月12日

19. 新築マンションの本契約 〜 頭金はいくら必要か?

ローンの計算も無事にすみ、無理なく返済できる目処がたった 「夢」。
自分の夢を達成するまでもう少しだ。

新築マンション購入時の頭金はいくら必要か?

ローンを組むときは元金を減らすほど有利になる。
計算に計算を重ね、普通のアパートを借りる家賃程度の返済を見積もった。
管理費、修繕積立金などを含めて支払うお金は 9万円/月。
結婚後の生活がどうなるかは未知ではあるが、ローンを払いつつも多少の蓄えは可能なはずだ。


……

明日は仮契約の有効期限日だったが、特にセールスから催促の電話はなかった。
自分からは電話しないとは言っていたが、時と場合によるのではないだろうか?

でも腹はもう決まったので、自分からセールスの人に電話をかけてみた。


「こんにちは。営業の Sさん いますか?。」

Sさん
「はい、お電話変わりました。Sです。夢さん今日はどのようなご用件で。」

いやいや。
ご用件も何もないだろう。

夢は開口一番、

「あのマンションの部屋を買うので、明日本契約にいきます。」

と伝えた。
正直、この契約方法は正しくはないだろう。
もっと交渉の余地はあったはずだが、もう引き延ばす必要もないと考えた。

電話で話を聞いていると、本契約時には現金がある程度必要なことがわかった。
手付金、諸手続きで必要になるらしい。

頭金は最低100万円は必要と言われた。

そのため、本契約で持って行くお金は100万円あれば十分だったが、残りはマンション購入時の頭金にも回せるというので、現金で500万円持って行くことにした。


夢は早速、車に乗り銀行へ急いだ。
駐車場に車を止め、預金通帳を確認する。
この銀行にはちょうど500万円の預金があったので全額をおろすことにした。
窓口で手続きすると、ある程度の大金ということなので個室に連れていかれた。

銀行員
「何に使うのでしょうか?」

形式的な質問だった。


「いや、マンション購入の頭金に使おうと…。」

夢はそれ以上話す気はなかった。
正直、そんなことはもうどうでも良かった。
早く、帰らせてくれ。
大金を持っていると落ち着かない。

銀行員
「では、今後ともよろしくお願いします。」 

夢は軽く会釈をして、500万円が入った紙袋を持って出口へと向かった。
貯金を全額下ろしたのに 「今後ともよろしく」 か。
ちょっと、面白かった。




500万円ものお金を一気に下ろした時はさすがに緊張しました。
移動中に誰かに襲われるのではないかと猜疑心を持ったのは漫画の見すぎなのでしょうか?

500万円

頭金が100万円くらいあれば、マンションを購入することはできます。
でも、その場合はローン地獄を覚悟しておいたほうが良いでしょう。
何度も言いますがマンションに限らず家を購入するときは、頭金をできるだけ多く用意しておいて、ローンで借りるお金は少なくしておくことは重要です。





夢は電話で、頭金は500万円と言ってしまったが、実際に用意できるお金は1500万円あったことを伝えることを忘れていた。
これは、明日の本契約のときに訂正しようと思った。


夢は布団に入って、未来のことを考える。

ローンの頭金でお金をほとんど使ってしまうが、本当に大丈夫なのだろうか?
まだ、結婚式もしていないのに節約生活を続けることができるのだろうか?

でも、自分のこの節約体質は生まれ持ったもの。
それは幼い頃の記憶でもある。
子供のとき、ガチャガチャの景品が欲しくて、10円をねだったことがある。
あまりにしつこかったからだろうか?
しまいには、親から平手うちを喰らった。

実家はお金のことで苦労していたことも多かった。
10円ですら容易にもらうことはできなかった。
その頃の経験もあり、自分もお金は使ってはいけないという体質になっていた。


一方、桃花は自分と全くの逆の性格をしていた。
お金があれば、全部使ってしまうようなタイプだった。
親も入ってきたお金はどんどん使っていくタイプで、あまり貯金というものはしないらしい。
実際、嫁の実家も蓄えはほとんどなかった。
自分の中で貯金するというのは当たり前だったので、これには驚いた。

でも、お金が無ければそれはそれで調整ができるという。

また、桃花は人が喜んでもらえることをするのが好きらしい。
私のような節約タイプの人間が2人集まったら、その結婚生活はつまらないだろう。
かといって、両方ともお金を派手に使うタイプだったら、結婚生活は破綻するだけだろう。
世の中は絶妙なバランスの中で成り立っている。


明日はその桃花と一緒にマンションの本契約をしてくる。
いろいろと将来のことを考えながら、夢は深い眠りについた。


マンションは10年で買い替えなさい 人口減少時代の新・住宅すごろく (朝日新書)マンションは10年で買い替えなさい 人口減少時代の新・住宅すごろく (朝日新書)
沖有人

朝日新聞出版 2012-12-13
売り上げランキング : 167

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


マンション購入 (Amazon.co.jp)

2013年01月01日

18. 「夢」の夢


「夢」には夢があった。

物が少なく効率的で機能的な新規マンションの購入。
トラブルのない静寂な環境。

そして…
幸せな家庭を持つこと。

「夢」は音に敏感なので静かに暮らせる場所を求めていた。
穏やかで静かな生活がしたい。
それには、まず生活の基盤となる理想の家が必要だった。

アパートには何度か住んだが、階上にひびく謎の足音。
隣人のテレビの音。
窓から聞こえる話し声。
人の視線。
すべて、苦手。

「夢」は静かに暮らしたい

年齢的には既に、大きな子供がいてもおかしくない。
同級生では、既に亡くなった人もいる。
時はいつ止まってもおかしくない。
最近は1年が早い。
楽しいから早いのか?

この2週間は密度が濃かった。
こんなに短期間で名刺をたくさん貰ったのは初めてのことだった。


「夢」は考える。

貧乏だった学生時代は、実家から送ってもらった米にふりかけだけで過ごしたこともある。
安アパートのため、近所の騒音によりストレス性胃炎を発症して緊急入院もした。
自分の殻に閉じこもり、自分は社会に必要のない人間なのではないかと思ったこともある。

桃花と付き合い始めた頃から、インドア派の「夢」は、外に出ることが非常に多くなった。
どんどん自分が変っていくような気がした。
後悔はしていない。
楽しい。

これが、結婚するということ。
こういうことを積み重ねて夫婦として成長していけるのかな?

周りからは、結婚もしていないのにマンションを購入するのは早すぎると言われた。
だけど、違うんだ。
結婚するにあたって、何もない白い空間から一緒に始めたい。
これは、積年の本当の思い。


明日、何もない空白の新規マンションを買う決断をする

そして、二人で一緒にこのマンションの空間を作り上げて行こう。
そこから始めたいんだ。
二人の生活を。

2012年12月19日

17. 住宅ローンの計算


当然のことだが、住宅ローンを組めば金利が発生する。

ローンの金利は借りる金額、年数が大きいほど多く支払わなければならない。

そこで住宅ローンをシュミレーションソフトなどを使って計算してみた。
この計算は何度も慎重に行った。



下記グラフは20年固定金利と35年固定金利でローンを組む場合の支払う金額の差を示します。
横軸は金利、縦軸は元金に対して支払う金額の率(利息率)です。
金利が低ければ差はあまりないのですが、固定金利が5%で35年ローンを組めば、元金の倍以上のお金を払う必要があることを示します。

利息(対元金)の変動率比較

当然、借りるお金が多いほど利息もどんどん増えていくので、住宅を買うときは出し惜しみすることなく、持っているお金はできるだけ頭金に突っ込みましょう。
借りるお金が少なければ、期間も短くできます。
さらに金利が安いときを狙って借りられればベストです。




自分が用意できるお金は1,500万円。
簡略化のためにとりあえず、あと1,000万円あればこのマンションを購入することが可能として考える。

しかし、マンションには管理費、修繕積立金というものが毎月発生する。
また、維持費がかかるというのを忘れてはならない。
管理費+修繕積立金を大体3万円くらいとして計算するとローンで払うことができるお金は月に5万円。
もっとローンを払おうと思えば出来るだろうが、ギリギリの生活は避けたい。

月5万円で、1000万円を20年固定金利(フラット20)で合計支払い額を計算してみると…

05万円×01年 =  60万円
60万円×10年 =  600万円
60万円×17年 = 1020万円

17年もあれば1000万を超えるが、ここに利息というものが発生する。
でも、月5万円の支払いだと、60万円×20年 = 1200万円 である。
合計支払い金額は約1.2倍となる。

つまり、1000万円借りると200万円は利息になるのである。

(利息は当時の相場の2%くらいで計算。あくまでも概算です)

200万円といえば、ちょっとした車も買えるくらいの金額。
住宅ローンをするということは、利息を予想以上に多く支払わなければならないということを想定しておかなければならない。
実際にマンションを購入するには1000万円では足りないので、合計支払い額はもっと増える。

この年は、住宅ローン減税が10年、市が利子を軽減してくれるという独自制度もあったが、どう計算してもこの利息分は補填できなかった。
でも、みんなローンを組んで家を建てたりしている。
全く世の中というのはすごい。


他にも変動金利5年・10年とかも含めいろいろ計算してみたが、結局は金利に左右されるので毎月の金額が固定であるフラット20にすることに決めた。

15年間苦労して貯めてきたお金も新規マンションを購入するには手が届かないが、ローンを組んでも十分生活の目処は立つ。
後は自分の夢を叶えるだけだ。



マンション購入 (Amazon.co.jp)




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。